スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バドミントンのとらえかた

結局練習というのは、バドミントンのとらえ方によって変わるのだと思います。

主にシングルスですけど。

メモ程度に。

・打点ゲーム(より前で、より高いところで打ったほうが勝つゲーム)
・嫌がらせゲーム(相手にとって、一番嫌なことをした選手が勝つゲーム)
・フェイントゲーム(相手の裏をかきあうゲーム、駆け引きゲーム)
・スピードゲーム(相手から時間を奪ったほうが勝つゲーム)
・バランスゲーム(相手のバランスをより崩したほうが勝つゲーム)
・ノーミスゲーム(ミスをしなかったほうが勝つゲーム)
・点取りゲーム(より多くの点をとったほうが勝つゲーム)
・メンタルゲーム(先に相手のメンタルを崩したほうが勝ち)
・フィジカルゲーム、技術ゲーム
・インナーゲーム(自分の全力を出せば勝ち)

 すべての配球、戦術、練習はこういった発想に帰るのではないでしょうか。

 何でもいいですが、狭い視野にならないように、が大事です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。