スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片山卓哉さんの講習会動画など

DVD付 フェルデンクライス・メソッドWALKING 簡単な動きをとおした神経回路のチューニング
DVD付 フェルデンクライス・メソッドWALKING 簡単な動きをとおした神経回路のチューニング

 今回は特にネタがないので、記事の紹介や動画の紹介にとどめます。

<動画紹介>

 まずは、ティーネ・バウン選手のストローク動画です。



 動画ではクロスネットですね。音を聞いていると、運ぶという打ち方ではなくて明確に打っているイメージです。音が強いですし。

 あとは狙っているところ(多分羽が刺さっているところ)が面白いですね。コートの中央ではなくて、少し奥です。相手にカットされないためでしょうか。

 関連動画は下。

 スピンネット
 コーチによるクロスネット
 クリアー

 次は信陽食品クラブさんの動画です。

 

 片山卓哉さん(元全日本チャンピオン)の講習会ということですが、面白いです。体の柔軟性とレシーブの関係を論じた人を初めて見ました。どちらかというと体の使い方の説明が多く、個人的には好きな説明でした。

 おそらくこの講習会の内容は本人のブログから確認できます。専門的で読むのがつらい部分もありますが、身体運用に興味がある人にとっては貴重です。

その他の信陽食品クラブさんの動画は以下で。

インドネシア人のカットから学ぶ

 あとは適当な試合を紹介します。

岐阜国体の試合
ヨネックス・ドリームマッチ
ヨネックスドリームマッチ福岡 その1
ヨネックスドリームマッチ福岡 その2

<記事紹介>

・バド鍋さんのフェイントに引っかからないレシーブのコツ

 フェイントに引っかからないためには、目線やラケットといった工夫しやすい場所ではなく、肩や腰、足首の位置など工夫しづらい場所を見るといいという話でした。

 多分、逆にフェイントを極めるのならそういう細かい部分まで、気を配れるということなんでしょう。


・ぐるぐるパンチさんのフットワークと言うけれど…

 フットワークは足の動きから始まるのではなくて、まず上体の動きから始まってそこから動き出すのが正しいという話です。内容はわかりますが、本当の意味で理解するのが難しい文章でした。でも、だからこそ面白いです。

 個人的にも、骨盤の向きによって動きを変えたり、意識を体幹に置いたりすることはありますが、厳密な意味で上体からスタートするのは苦手です。特に前への動きがよくわかりませんね。

 ただ、何人か同じことを仰る指導者を知っているので、上体が動き出しに大きな影響を与えているというのは真実なんでしょう。しかし、自分が理解できるのは腰までですから、まだ研究が必要だなと思います。

・まさやんさんのピンサーを使おう

 ピンサーの有効性と、その技術的なポイントについてです。有効性については知っていましたが、あまりテイクバック動作に意識を置いたことはなかったですね。ロングサービスとは多分同じになっていると思いますが、できれば修正したいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。