スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリーのスピードと技術的要求

「続ける」技術
「続ける」技術

 前回の記事では、早いラリーのバドミントンと遅いラリーのバドミントンの基本的な性質と、それらへの対応策について書きました。

 今回はそれを踏まえて、自分がそうしたバドミントンをするうえで必要なポイントについてまとめようと思います。早いバドミントンについては、ちょうどうちの部活にはスピードで勝負する選手がいるので、その選手への指導の際に意識している点を中心に言及します。遅いバドミントンは、自分が意識している部分について書いてみます。

 早いバドミントンについてまず説明しますが、前提としてこれはフットワークに自信がないと成立しないということに留意してください。スピードを生かす戦術ですので、そもそも動けること自体が最も大きな要求になります。

 さてここから、早いラリーのバドミントンについて本格的に説明します。ここで一言で早いラリーといっていますが、正確に言えば早い打点でのラリーです。早くシャトルの下に入り、早いタッチで、質の高いストロークを打ち続けるのがこの早いバドミントンの本質です。この考え方を自分は打点ゲームとか、オールアタックと読んだりしています。

 さらに突っ込んでいうとなぜ早いタッチで触るかを考えます。選択肢を増やす、時間を奪うとかいろいろな理由はあるのですが、根本的なところでいうと相手にとってそれが脅威であるからです。相手を崩しやすいと言い換えてもいいです。それが一番大事なところです。

 逆に言えば、相手にとって脅威な球が打てないのなら、高い打点でとる意味も早いタッチで触る意味もありません。これを逆にとらえて考えたのが遅いバドミントンです。高い打点でとらえられても、決定打を打たせなければいいという発想ですね。

 そう考えていくと、2つ目の前提として高い打点あるいは早いタッチでとらえながら、攻撃的な性質の球を安定して打てるというのが浮かび上がります。ラリー自体が速くなっていれば、コースさえあっていればいいですけど、ラリーが遅いのであれば結構質が要求されます。

 3つ目の要求はいかにスピードを落とさないかです。これはラリーのスピードというより、動きのスピードですね。これにはいくつかのパターンがあります。
 
 まずは自分からスピードを落とさないことです。例えば、スマッシュかカットを打ったらすぐにネット前へ行く、スマッシュレシーブで前に落としてもやはりすぐ前に行く、そんなシンプルな動きを怠らないことです。

 ネット前へのラッシュは毎回やると疲れるので、続けるのが難しいです。しかし、強い選手ほど当たり前のように前で待てます。ストロークに自信があるのもありますが、単に楽をしないことを知っているんでしょうね。だから、攻撃が途切れないんですね。ずっとプレッシャーをかけてきます。

 あとは逆にスピードを落とされないことですね。フェイント、動きにくいところを狙うストロークをしっかり返せることで、相手にプレッシャーをかけやすいです。これは言うのは簡単ですが、実際には難しいです。

 実際的には、高い、早いタッチを使って、相手にそうした技術を使わせる間を与えないというのが現実的な対策です。つまり、ラケットワークに余裕を与えなければ、相手の返球も限定されるのでスピードを維持しやすいです。それでも最低限、動けないとまずいですが……。
 
 動きについて、特に気になるのが後ろですかね。フットワークが速い選手でも前に突っ込むのは早いけれど、頭を抜かれると……という選手は少なくありません。特に女子にとっては永遠の課題といってもいいくらい難しいです。男子でもある高さは反応できないというのは珍しくありません。これにいかに対応するかが、練習の1つのポイントだと思います。

 まとめると、早いラリーのバドミントンの要求は以下の通りです。特に難しいのは3つ目の止められないというところでしょうか。

 (1)早いフットワーク
 (2)高い打点から、攻撃的な球が打てる。
 (3)動きを止めず、止められず、よどみない攻撃ができる。

 逆に遅いバドミントンの場合は要求は以下の4つですかね。

 (1)最低限動けるフットワーク。
 (2)低い打点からでも、確実にコントロールできること。
 (3)コースを読ませないラケットワーク。
 (4)カウンターの精度、決め球の確保。

 こちらはそのままなので、あまり書くこともないです。全体的に攻撃されることが多いので、いかに守れるか、いかに動けるかという点がまず大前提で、そこからいかにカウンターを決めれるかというのが2つ目のポイントになります。

 カウンターといってもいくつかあって、相手を崩したあと、加速して攻撃するパターン、ラケットワークで攻撃するパターン、読みでタッチを早くするなどいろいろあります。ここは慣れと研究が肝要です。
 
 とここまで長く書いてきましたが、多少専門的な部分こそあれ、実際のところ基礎技術が高ければどっちもできます。問題はどっちに基本の軸を置くかだけですので、スピードをどうやって利用するかという発想を覚えておくこと自体が大事ですね。

 理想を言えば、相手やその日の調子によって、スピードとラリー展開をコントロールしていきたいです。もっと言えば、ラリー中にスイッチできるくらいの技術レベルがほしいところです。

 実際的には自分の得意な展開を武器としてそれを中心に練習することになりますが、それだと試合のレベルの安定には欠けます。つまり、常に勝てる選手とは異なります。やはり対応力という点で、最低限対応できるだけの能力がほしいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。