スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリーのスピードと打点について

スポーツの戦術入門
スポーツの戦術入門


 今回はラリーのスピードについて、考えていこうと思います。ダブルスにも共通する部分はあると思いますが、どちらかというとシングルスの話ですかね。

 バドミントンの戦術といっても色々あるのですけれど、昔からよく言われるのは速攻戦術ですね。シャトルを「より高く、より速く、より前で」触ることでオープンコートを作り、攻撃を決めやすくするというものですね。現在でもこの戦術は現役です。そういうわけで、学生の選手だととにかくスピードを上げる練習をしていたりします。

 ただ、何年前からかフェイントをはじめとした、ラケットワークをより多彩にするという戦術が生まれました。これらは打点を下げたり、意図的にスピードに変化をつけたりすることでラリーに幅をつけようという感じです。この戦術が広まってからは、速攻と変化のバランスをいかに取るかというのが、戦術上の1つの課題になりつつあります。

 しかしながら学生のバドミントンについて言えば、スピードに変化をつけるといっても、やや遅くなる程度でそこまでスピードを殺しません。一瞬溜めるだけで面を変えたりするのが主流です。

 一方で社会人だと、極端に遅いバドミントンをする方がちらほらいます。速攻だと、「より高く、より速く、より前で」触るのが基本ですが、彼らは打点を下げて、遅い球を正確に打ってきます。つまりラリーのスピードを意図的に殺しているのです。これによって、フットワーク勝負にさせずに、プレーするという寸法です。
 ちなみにどうやって決めるのかというと、相手のミスを待つというパターンとチャンスにはスピードを上げるという2つのパターンがあります。あとは単純に技術で勝負する人もいます。

 こうやってバドミントンをスピードの視点でとらえると、「早いバドミントン」と「遅いバドミントン」があり、人によって得意なバドミントンが違うことがわかります。

 次に、それぞれのバドミントンにどうやって対処するかを考えます。

 初めに早いバドミントンが得意な選手を相手にする場合ですが、まず考慮することはどちらの動きが速いかです。ここで大して変わらないようであれば、自分の好きな展開に持ち込めばいいでしょう。あるいは、自分のほうが速い場合は相手を動かして、スピードで圧倒すればそれで済みます。

 問題なのが相手のほうが速い場合です。基本的にスピード勝負は勝ち目がありません。ですから、遅いストロークを多用して、カウンターを狙う(チャンスを待つ)、フェイントを交えて相手の足を止める、相手の動きの穴をねらうという3つが基本線になります。要するに、様々な方法でスピードを殺します。

 大事なことは相手をしっかり見ることです。どこにでも早く動けて、どこからでも攻撃的なストロークを連発できる選手はそう多くはありません。その穴を見つけられれば、なんとか勝負に持ち込むことは可能です。

 次に遅いバドミントンをする選手ですが、やはり見分けるポイントはフットワークがどれくらい早いかです。単純に遅い選手が相手なら、ネット前に来たらクロスネット、中盤ならドライブ、後ろならスマッシュかカットというふうに早いストロークを作っていけば、決まります。

 問題は、しっかりフットワークでコートをカバーできる人ですね。こちらが打点についた時にはしっかり構えられる人と書いてもいいかもしれません。こういう人は明らかにスピードを意図的に殺しています。

 ラリー自体は遅いので、全体的にこちらが高い打点で触るのは容易です。だから、そのメリットをいかに生かせるかがこういった遅いラリーの選手に対抗するポイントです。

 高い打点でとると、多くの人はとにかく速い球を打ちたがります。ですが、早いだけの返球はあまり効果的ではありません。よほど早いストロークなら別ですが、相手は遅い球で時間を作っているのに加えて、打点を下げて返してくるので、結構余裕があるんですね。だからそれだけでは、決まりません。

 個人的にはポイントは3つです。フェイントを利かせること、コースに正確にコントロールすること、こちらからミスしないことです。あとは、できるだけ攻撃の流れを続けて、精度を維持し続けることです。

 そんな質がいい球が打ち続けられるはずがないと感じるかもしれませんが、仮にもこちらは高い打点でいい体勢でシャトルをとらえているはずです。そんないい条件でもって、精度の高い球を打てないのならある意味、練習不足ではと言わざるを得ません。逆に考えると、早いラリーの中では少し精度が落ちてもいい、という部分はあります。

 実際問題、こちらからそうした質が高い返球ができないのであれば、多分ミスをしない我慢比べになるでしょうね。

 ここまでの考えをまとめると、早いバドミントンをする選手を相手にするときには、技術を使ってスピードを殺すこと、逆に遅いバドミントンをする選手が相手なら、高い打点から精度の高い球を打ち続けることがポイントになります。

 自分がどういう戦術を使うかというのは趣味の問題なので、なんでもいいのですけれど、やはりどんなバドミントンが来ても対応できるだけの対策と技術は必要だと思います。ですから、この機会に早いバドミントンと遅いバドミントンについて考えてみるいいでしょう。

 余談ですが、最近のトップ選手のバドミントン、特にリン・ダンなんかはゆっくりハイクリアで回すラリーを作ったりしていますね。あれだけのフットワークとレシーブ力を持つ選手に、ゆっくりラリーを作られたら相手は大変だろうなと感じます。崩す余地がありません。

 個人的には遅いバドミントンをする相手が苦手です。高い打点でとっているのに攻めきれないと、イライラして我慢しきれなくなります。鋭いカットとヘアピンの質を上げないと少しつらいかなぁと感じます。

 今回はここまでです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。