スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある強豪校の練習とその本質

中学バドミントン 強豪校のマル秘練習法、教えます! (B・B MOOK 819 スポーツシリーズ NO. 689 強くなるド)
中学バドミントン 強豪校のマル秘練習法、教えます! (B・B MOOK 819 スポーツシリーズ NO. 689 強くなるド)

 つい最近、ダアさんのバド?な日々というサイトに出会いました。このサイトの管理人は言わずと知れた全国区の中学校の指導者です。この界隈では有名な方ですので、多分調べたらすぐに分かりますが、ここではサイトの表記を尊重してダアさんと呼びます。

 サイトのトップページから練習法という記事に行くと、ダアさんの指導の基本をまとめたPDFファイルとその簡単な解説が書かれています。なにはともあれ読んでみないと伝わらない濃さがありますが、個人的にはダアさんの練習の作り方、方法、考え方に感銘を受けました。ですから今回は、紹介の意味も含めて、ダアさんの練習法について思ったことをつづってみようと思います。

<キーワード式練習法>

 PDFファイルを読んでみればわかるのですが、ダアさんの練習では動きや戦術をすべてキーワードにして説明します。例えば、指で握って打つスイングは「はじき」、4隅に動かす戦術は「A」、フットワークの動き出す動作は「きっかけ」といった具合です。ここまでならぎりぎり理解できるレベルですが、ストロークの「メンドーサ」、フットワークの「沈みタコ」といった言葉になると想像もできません。PDFファイルには、こういった言葉がひたすら書いてあります。6割もわかれば、よくバドミントンを知っている方だと思います。

 別にこの文章でキーワードを解読する気はありません。興味があるのは、なぜ動作や戦術をキーワード化するのか、という点です。答えはおそらく言葉の伝達ミスを防ぐというのが1つ目、練習の迅速化が2つ目、そして概念を認識させるというのが3つ目ですかね。細かい話はともかく、要するに練習の説明が楽になるというのがその本質かと感じます。

 例えば、「もっと4隅を丹念に攻めながら、相手を回して崩していこう」というのが、「戦術Aを中心に」という一言で済みます。時間の短いインターバルではこれは大きいです。
 さらに、戦術Aという概念がわかっていれば、スピードを上げた戦術A、対角線中心の戦術Aという風に発展させることも容易でしょう。そういう面でも、便利です。

 こういう言語化が得意なのが中国ですね。スマッシュは「殺球」ですが、手首で弾くスマッシュは「点殺」といったり細かい技術や戦術にも名前があります。

 こうした事例なども踏まえると、バドミントンを細かくとらえて言語化し、認識するという行動は強さと何らかの因果関係があるのかもしれません。言葉はやはり適当に使ってはいけませんね。

<技術と戦術>

 ダアさんの指導方法を拝見すると、断言はできませんけど、練習のベースに戦術指導があるような気がします。当たり前といえば、当たり前なのですが個人的にはその方法に興味があります。

 自分はどちらかというと戦術指導はしないほうです。後輩には自分で自分に合った戦術を見つけてほしい、と考えているからです。画一的なバドミントンは自分のもっとも嫌うところです。あとは、教科書みたいなバドミントンをすると、配球がきれいすぎて結構読めるんですよね。だから、基礎技術は教えるけど、あとは自分で……という感じです。

 ですが、実際のところ自分のイメージするより、戦術理解は進んでいません。それどころか、反射的にシャトルを返すだけという人がちらほらいます。それは、理想からは真逆の段階です。

 そういうわけで戦術の指導法について考えている部分はありました。そこダアさんの練習法に出会いました。ダアさんは、戦術(戦略?)を5個に分類しています。4隅で回す、ネット(コート奥)に引き付ける……などです。

 とりあえず、今考えているのがゲーム練習やフリー練習でこの5つの戦術を覚えてもらおうかなという感じです。5つの戦術をすべて意識的に使えるようになれば、多分、選手は自分の好きなものを多用するので、戦術指導といっても画一的になりません。だから、1通り戦術を覚えて、ゲーム練習することに多少なりとも意味があるのかなと今は感じています。

 このように戦術をどうとらえて、練習に生かすかという部分で個人的には示唆がありました。現状のせっかくの技術を無駄にしているのを考えると、何らかの戦術指導が必要なのは明白ですしね。

<技術の分類>

 これが本当に細かいです。フットワークやストロークのキーワードはそれぞれ数十個ずつあります。自分が使う言葉はせいぜいその半分あるかどうかなので、本当によく技術を正確に、あるいは多面的にとらえているなあという驚きがあります。

 特にフットワークですね。普通の学校ではフットワークの練習は、大抵、ステップを覚えて、腰を落として、早く動けくらいにしか教わりません。技術的なポイントはせいぜい4,5つです。ダアさんの場合、その何倍です。

 ダアさんの学校はフットワークが武器で、それが戦術の核になっているそうです。これだけフットワークをセンスではなく、技術としてとらえていれば納得のいく話です。自分もこれくらい、フットワークを確かな言葉で表現・あるいは認識できるように努力したいと感じます。


 以上の3つが、ダアさんのバドミントンの本質なのかなぁと自分は考えます。多分、このあたりが強さと指導の源泉になっている印象です。

 今回は時間と文章量の関係上、本質にしか触れられなかったのは残念です。細かいアイディアとか技術とか、ダアさんの練習法にはそうしたレベルの高い工夫や発想がたくさんあります。

 興味がある人は、練習法を見てその意図をくんでみるようにしたら得られるものが多くあると思います。やはり、強豪校にはたくさんのアイディアと強いだけの理由があるんだなと実感した次第です。自分もまだまだ、練習法を見て勉強していきたいと感じます。


【送料無料】中学バドミントン

【送料無料】中学バドミントン
価格:1,200円(税込、送料別)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。