スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「強豪校としつけ」 など

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル
ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

 今回の記事では、「バドミントンにおける強さとは何か」について考えたいと思います。といっても、当然ながらこんなに広いテーマでまともに書こうと思えば、1年くらいかかります。ですから、ここでは個人的に面白いと思った視点を紹介するにとどめます。

 <オールCの選手>

 オールCの選手というのはゲームから来た用語で、「すべての能力が平均以上だけれども、特別秀でたものがない選手」のことを指します。ある意味で、オールラウンダーのことです。

 個人的な意見ですが、一般的な高校レベルではこうした鍛え方の選手が多い気がします。ミスが少ないので、見た目にはかなりうまく見えます。

 ですがよくみると、秀でた武器がないのです。そのため結果的に、相手のミスを待っているだけのバドミントンになります。ただつなぐだけのバドミントンです。

 確かにオールA(すべて能力が高い)のオールラウンダーは、選手の理想だと思います。先輩がそうでしたが、穴という穴がなく本当に強いのは疑う余地もないです。
 
 でも、そこまでの道のりは本当に遠いんだよ、ということをここでは強調しておきたいです。多分に時間がかかりすぎます。だから、2年かけてもたどり着くのは非常に困難です。

 だから、自分はまずは何か特別高い能力を先に身に着けてほしいと思います。フットワークでも、体力でも、守備力でも何でもいいですから、先にいいものを獲得する。そこから、徐々にほかのレベルも上げていったほうが、戦いやすいと思います。

 純粋にバドミントンで上手くなりたい人はどちらでもいいですけど、勝つことを考えるなら武器がないと必ずどこかで行き詰るというのが個人的な結論です。

<伸びる選手と伸びない選手の違い>

 これまた大雑把なテーマですが、自分なりに回答します。下世話な話題かもしれませんが、部活でいつも問題になるので、個人的に答えを出しておきたいテーマです。

 向上心、バドミントンの知識、考える力の差などいろいろな違いが思いつきますが、一番難しいのは正面から自分と向き合えるかだと思います。

 自分の強い部分、あるいは弱い部分を正しく認識できている選手は、かなり成長が見込めます。正しい認識があれば、次に改善するところが明確になるので練習も容易です。

 ですが、自分にいいところなんかないと卑屈になったり、自分はしっかりプレーできていると思い込んでいる選手は、課題がわからないので漫然と練習しやすいです。それで終わってみれば、実力は現状維持で、強くなったのは体だけということが現実に起こります。

 誰だって自分の本当の姿なんか見たくないですけども、強くなるというのは自分を認識して変えるというプロセスですからね。勇気がないとどうにもなりません。

 逆にうまくなる選手は、隙あれば自分を変えようと必死ですね。

<強豪校としつけ>

 縁あって、今まで県トップの中学校を3つほど訪れたことがあります。最後にそうした学校に行ったのはつい最近なのですが、そこで思ったことがあります。

 それは強豪校とその他の学校の一番大きな違いはしつけなんじゃないかなと、というものです。精神論か、と失望するかもしれませんが、確かに強さとしつけの間には明確な因果関係を感じます。

 しつけとはどんなものかというと、一般の方に絶対シャトルを拾わせない、靴は正確にそろえる、試合後はアドバイスを必ず聞きに行く、整列は走る……といった単純なものです。珍しいものでは、冬に人が多いところに行くときはマスク着用なんてものもありました。

 別に靴をそろえたらからといって、強くはなりません。でも確かに、強豪校に限ってしつけが行き届いている。それには多分2つの意味があると思います。

 1つは言われたことはちゃんと実行するという意味、もう1つは練習環境をよくするという意味です。
 言われたことを実行する、こういうと簡単ですが、弱い学校は練習の説明だけで10分かけたりします。要するに理解が遅いし、文句が多いのです。それを考えると、これは意外と難しい。

 後者は、単純に機能的な側面です。アドバイスをもらえば自分のためになるし、シャトルを自分たちで拾えばまた一般の方が来てくれるかもしれません。

 自分はこういう合理的な理由があって、強豪校はしつけが行き届いているんだろうなあと想像します。そう考えるともっと自分も叱らないといけないのかも。

<見える強さと見えない強さ>

 バドミントンの強さは2種類に分けられます。見えるものと見えないものです。

 早いスマッシュ、高速フットワーク、派手なフェイントなんかは外から見ていてもわかりやすいです。ああ、この選手は強いなとすぐ分かります。一方で、なぜ強いかよくわからない強さもあります。それが見えない強さです。ラリーは遅いのになぜか勝っている。相手が勝手にミスしているように見える。そんな具合です。

 見える強さは分かりやすい。それなら、見えない強さとはなんでしょうか?

 それは例えば以下のようなものだと思います。

 ・配球のうまさ。
 ・読みのうまさ。
 ・優れた観察眼(相手の姿勢、スタンス、癖を見るのがうまいなど)
 ・技術的なうまさ(タイミングを外す、面を少し変えるなど)
 ・ミスが少ない。 
 ・メンタルが強い。

 結局のところ、どちらが欠けてはだめなのですが、自分はもっとみえない強さの選手でありたいと思います。

 なぜかというと対策が不可能だからです。早いスマッシュも早いフットワークも配球で封じることが可能です。ですが、見えなければどうしようもありません。だから、試合で有利になります。

 ただ、レベルが上がると見えない強さも通じないんですよね。強い選手は総じて目がいいんです。配球も、技術もお見通しなのでさらに上の強さでごまかされてしまいます。

 逆に言うと、強さを求めるのならこうした目を養うことも必須の課題になります。技術や体力だけでは不十分です。

 内容は以上です。お付き合いありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。