スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<動画紹介>

 まずは、スローの動画です。



 第65回 国民体育大会の動画をスロー再生したものらしいです。前にどこかで紹介したような記憶もありますが、アップロード日が最近なので一応載せておきます。

 今度は信陽食品クラブさんのフェイントクロスロブ。



 やはりフォロースルーでごまかすフェイントです。本当にフォロースルーを流さないのがうまいなと思います。

 次はバランスのトレーニングです。

 

 ほとんど遊びに近いので、時間があればという感じですね。BWFのチャンネルに似たようなトレーニングがたくさんあげられているので興味があれば。

 あとは、ネットプレイな日々さんのところでも一つ紹介されていました。

 最後は前に紹介した動画の訳が付いたバージョンを見つけたので紹介します。



 この訳してくれた方のチャンネルを見ると、似たような中国系のレッスン動画を訳しているものが見つかるので、興味がある人はぜひ目を通してみるといいかもしれません。

 あとはブログも書いているようです。

<考察とか>

 ・マサやんさんのこちらの攻撃はレシーブされる前提で、前衛で油断しないようにしよう

 試合ではレベルが上がれば上がるほど、プッシュをうまく打っても返されるから、油断しないようにしよう、というシンプルな記事です。

 これを逆に言えば、常にトップレベルの選手と戦っている想定で、練習や基礎うちで構えておこうということなんだろうと思います。

 練習で相手がそこまでうまくなくても、トップ選手のように返してくるとか、数百キロの球を返してくるというイメージで備えておかないと、試合の時にミスになるということを示唆しているのかと感じました。

 ・バドミントンぶっこみ情報バド鍋さんの反撃につながるロブはこう打て!

 中途半端な高さのロブは後衛を動かせないため、連打を受けやすい、それなら思い切り高く上げたほうが動かせるし、前衛も後衛のカバーのために下がるから効果的だ、という記事です。

 低めのロブは角度をつけられにくい、またエースをねらえることもある、ケースバイケースのような気もするのですが、確かに意図的に天井から落ちるようにコントロールされたロブは非常に面倒です。

 とにかく打ちづらいですし、相手がわざと守っているという印象を受けます。シングルスのロングハイサービスのような感じです。

 結局場合によりますが、たまにこのようなロブを打っておくと、相手にストレスをかけれるというのは確かでしょうね。
 
 ・会長さんの『復帰戦(その3)』『カバーリングの意識で・ネット前へのフェイントを拾う(その3)』

 最近、会長さんのブログの最後に効くツボというコーナーがあるのですが、それが面白いです。

 今回の場合は、スマッシュに角度をつける練習=「シャトルを逆さにしてネットの白帯に刺し、コックを狙ってスマッシュを撃つ。」
 レシーブで下がらない練習=「壁を背にしたレシーブ練習」

 というのが面白いなと感じました。

 ・ぐるぐるパンチさんの4つの法則

 ぐるぐるパンチさんの自論のすべてではなく、そのヒントみたいなものを紹介しています。体の使い方に興味がある人は考えてみると楽しいかもしれません。

綺麗なボディラインを造る決定版! 体軸バランストレーニングDVD BOOK<DVD付き> (宝島MOOK)
綺麗なボディラインを造る決定版! 体軸バランストレーニングDVD BOOK<DVD付き> (宝島MOOK)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。