スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習を効率よくするために

 今日は後輩のシングルスの個人戦の応援に行ってきました。今回もまた、上との差が広すぎるということを痛感しました。

 レシーブ力、攻撃力、つなぎ球、ミスの少なさとどこをとっても、勝てる部分は少なかったです。要所、要所で勝てるパターンは作れそうでしたが、最後の一本を決められない印象でした。

 ただ、色々足りない部分がはっきりして、みんな燃えているので、半年後には何とかなるように工夫と勉強を重ねようと思います。

 あと、気になったのはついに、うちの地区でもシングルスがダブルスに近い展開になってきたことです。

 とにかく早さ重視です。オーバーヘッドはテイクバックを小さくして上半身だけで打っていました。下半身の力を捨ててでも、タッチを早くして返すようなシングルスです。

 また、低いロブや、ドライブを多用して、いかに早く回すかを考えているように見えました。高いロブやハイクリアなどはなかったですね。あとは、前につめるのが早かったですね。

 うちの後輩には、それに乗らずにゆっくりクリアやロブでプレーしたほうが確実だよとアドバイスして、そこそこ効果が出ましたが、基本的にうちの部活のバドミントンとはイメージが違うんでしょうね。

 個人的には遅くても早くてもとにかく勝てばいいと思っているので、あとは後輩と相談ですね。まあ、速い展開に対する練習はいるでしょうけど。これから頑張ります。

<動画紹介>




 ネット前に入る練習ですが、コーチがフェイントをかけているので、リアクション系の練習と見て問題ないでしょう。

 ステップがきれいなのを見ると、ステップ練習をしっかりしているようにも見えますね。これくらい単純なフェイントなら誰でもできますし、左右でも応用が利くんだろうなと思います。

<記事考察>

 ・ぐるぐるパンチさんの躍動感の秘密を暴く

 早いショットを打つには体幹を使うことが大事といいますが、この記事ではその体幹の使い方として、体幹を上下動させることを勧めています。
 シャトルを打つ前に、体幹を大きくあげて、打つ前に下げることができれば早いドライブやスマッシュ、プッシュが打てるそうです。

 今まで、体幹はひねるとか、回すという印象だったので、かなり気になる記事でした。

次はまとめて。

 ・榊原太郎さんの◆勝てる人に成る究極のアドバイス◆

 内容

 1、身体の使い方を考えろ
 2、もっともっと試合に勝っている自分をイメージしろ
 3、期限と優先順位をつけて確実に実行しろ


 ・テニススクール活用法.comさんのもっと効率よく上達する方法

 練習は一日24時間をどう使うかを時間単位で考えます。そして、それをまとめて1週間の単位にして計画を練ると、効率が良くなる、という話です。

 どちらも、練習の計画や実行に関する話です。個人的には、期限をつけるというのが大事だと思いますね。今まで見た限り、たいていの選手は課題を直そうと思いながら、試合まで何もしません。

 ですから、いつまでと決めておくことは、すごく効率にかかわると思います。あとは時間は有限ですから、計画はすごく大事だと最近は実感しています。

 今日はここまでです。

DVDで鍛える! プロトレーナー木場克己の体幹バランスメソッド 1日5分・週3日で美しいカラダをつくる!
DVDで鍛える! プロトレーナー木場克己の体幹バランスメソッド 1日5分・週3日で美しいカラダをつくる!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。