スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超人の世界。その1

 BS-TBSの番組に昔、「超・人」というものがありました。スロービデオを使って、あらゆる分野で活躍する人の技を分析するという企画だったのですが、その記録はBS-TBSの過去の放送で見ることが出来ます。かなり詳細に書いてあるので、興味があれば本文にも目を通してほしいと思います。

 今回はその中から気になった記事を探して簡単な解説を書きます。もちろん、できるだけバドミントンに絡めたいと思っています。

佐藤翔治 「攻めるも守るも」

 初めということで、まずはバドミントン界を引っ張ってきた日本のエース佐藤選手の放送です。シングルス時代の彼は、とにかくフットワークが早かったです。これは世界でも大きな武器でした。

 その理由についてです。

 何故、佐藤は、打った後、コートの中心に素早く戻ることが出来るのだろうか? そのスピードの秘密を、1秒間で1000コマ撮影出来る超高速度カメラで分析してみた。(中略)
 佐藤は体の軸がぶれていない。2人のプレーを比較すれば、その差は明らかとなる。体の軸にぶれのない佐藤は、ショットを拾った後、すぐ次の動作に移れる姿勢を保っている。
 佐藤はネット際のショットを拾った後も、体の軸がぶれない為、すぐにコートの中心へと戻ることが出来るのだ。


 次は二つ目の理由です。

  コートの後ろでスマッシュを打った佐藤は、敵の攻撃に対応する為、素早くコートの中心に戻る。比較の為、川前選手にもスマッシュを打って貰った。スマッシュを打った時の、重心移動が鍵となる。川前選手は真上に飛んでいるが、佐藤は前へと飛んでいるのが分かる。
 佐藤は、前へと飛びながらスマッシュを打ち、一連のプレーの流れの中で、コートの中心へと戻る動作へと移っている。


 戻りを早くする技術については、ひざを上手く使うとか、体全体を使って戻る、歩幅を・・・・・・というような細かなこともよく言われますが、基本はこの二つなんだろうなと思います。

 あとは細かいフェイントの話や、展開、戦略の話も記事にはありましたが、長くなりすぎるので省略します。興味がある人はぜひリンク先で。

平野早矢香(卓球)「くの一のように

 平野選手が古武術の動きを取り入れながら、確実に変わっていく様子を描いたドキュメンタリーです。

卓球に限らず、スポーツ一般では、かかとを上げ、つま先立ちすることで、素早く次の動作に移ることができるという考え方が常識である……。しかし実は、かかとをつけた状態のまま、一気に次の動作に移る方が素早く動けると云うのである。
事実、かかとをつける構えをするようになってから、平野の動きはより素早く、返球は、より正確になった。


 細かい部分で面白い内容もあるのですが、とりあえずかかとの話だけします。一言で言うと、これは本当だと思います。つま先立ちはバドミントンの基本といわれていて、メリットもあるとは思いますが、確実に足が緊張しますし、動きも不自然になります。

 と考えたときに使うべきときだけ、つま先を使ったほうが自然なきがします。
 この記事にはある意味では異端で、常識はずれの考え方がいくつも記されているので、そういうのが好きな人は見てみるといいでしょう。

 本格的に別の次元の動きに興味がある人は、『古武術for SPORTS―いきなりスポーツが上手くなる! 』とか、『あなたにもできる!超人の動き―動きのエネルギー革命』あたりの書籍に手をつけてみることを勧めます。意外に武術の動きを取り入れようという本は探してみれば、結構見つかります。

渡辺俊介(野球)「柔らかなサバイバル

 アンダースローはかつては野球ではそこそこの数がいましたが、今ではかなり少なくなりました。
 渡辺選手はそのなかでも、遅い球しか投げられません。そうした選手がいかに生き残ったのかという話です。

他のアンダースロー投手と比較してみて、渡辺のリリースポイントは非常に前だ。オーバースロー投手と比較しても、より前でリリースしている。
より前で投げているということは、よりバッターに近いところで投げているということ。この50センチの差を馬鹿にはできない。マウンドからホームベースまでの距離は18.44メートル。120キロのボールでも0・55秒で到達する。50センチ前で投げられれば、バッターが体感するボールの速度は、実際の速度より、かなり早く感じる。


 バドミントンでより前で打つ、という原則がありますが、それに近い印象でしょうか。早いタッチで触りたいときに、打点が50センチも変わればぜんぜん感覚が変わるんでしょうね。

 
 上の記事はかなり文脈を端折っているので、できれば元の記事に目を通してもらえればと思います。
 もう少しだけ、興味がある記事もあったので、それはまた次の機会に紹介します。

アンダースロー論 (光文社新書)
アンダースロー論 (光文社新書)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。