スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォームの個性

 今日はバドミントンのフォームについて簡単に自分の意見を書きます。イメージしているのは、オーバーヘッドです。

 まず、フォームは個性的であってもいい、というのが自分の基本的な立場です。基本的なフォームは存在すると思いますが、必要な条件さえ満たしていれば少々それから外れていても問題ないと考えます。

 たとえば、
 ・打つ前にコースがわかる
 ・力が上手く伝わらない
 ・フットワークに支障が出る
 ・打点がかなり低い

 という性質のフォームは客観的に見て、不利でしょう。クリアさえ飛ばないフォームでは、ラリーするには厳しいでしょうし、打つ前にコースがばれていれば勝つのは難しいです。

 しかし、ちょっと無駄な動きがあるとか、上半身の動きと下半身の動きがぎこちないというくらいなら、逆にいい効果を生み出すこともあります。

 何かというと、タイミングがとりづらいとか、コースが見づらいということです。ほとんどの選手は同じようなフォームですから、そういう不自然なフォームは慣れていません。だから、相手の足をとめることが出来ます。

 そういう選手を自分は中学生から、社会人まで幅広く見たことがあります。打点に入ってから打つまでが非常に長い選手とか、肩や体の動きはほぼフェイクで最後の手首だけでコントロールする選手、何を打ってもフォロースルーがクリアという選手、全部弾いている選手……と多彩です。グリップが違う選手も微妙に戦いづらいで
す。

 戦略論では有りませんが、相手と差別化を図ると考えたときに、必ずしも基本に則っていることが重要だとは思いません。もちろん、基本を徹底している選手は強いということには疑いがありません。しかし、一方で変則型を突き詰めても、同じように強さになるというのが自分の考えです。

 ここからは変則型を発展させる為のフォームについて自分の考えを述べます。

 よく、同じフォームでストロークをどこにでも打ち込むのが理想といわれます。それは真実です。上手い人と下手な人の差はこのフォームの読みづらさにあります。慣れていないと、確実に一歩遅れます。

 しかし、最近自分が考えているのは逆で、同じストロークでもフォームに変化をつけるというものです。
 わかりやすいのがタイミングですね。同じクリアにしても、ジャンプしたり、手打ち気味で早く打つのと、ぎりぎりまでためて打つのでは相手の反応は明らかに変わります。

 ほかにも弾く打ち方を混ぜたり、少し面をきることでフェイント気味に打つことも出来ます。

 あとはクイックモーションという打ち方が有ります。これは早く腰を切ってテイクバックの姿勢を作り、相手に速い球を打とうとしているように見せる技術です。ここからクリアやドロップを打てば相手をだませます。

 さらに、こちらは早く構えてゆっくり打つでしたが、ゆっくり構えて早く打つ、つまり力みのないフォームから速い球を打つのも相手にとっていやでしょうね。

 このように、ただクリアを打つにしてもいろいろな変化をつけることが出来ます。こうしたフォーム的な要素に、配球的な変則が混ざれば相手にとってストレスをかけられます。

 以上のように、個人的にはきれいなフォームより機能的なフォームのほうが大事だと思いますが、どうでしょう。

 フォームだけで勝つというのはありえませんが、相手にとっていやなフォームはいろいろあります。それを探求するのもバドミントンの要素だと思います。

 <参考リンク>

 野球のコラムですが、今回の記事の参考にさせてもらったのでリンクを張っておきます。

上原浩治が急に化けた!?絶好調の鍵は二重の“緩急”。
【プロ野球】西武・牧田和久は140キロに見せる技術と知恵を持っている
すでに二桁勝利の新生・寺原隼人。関係者が洩らした“変身”の秘密とは?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。