スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早いストロークと加速度

錯覚のスポーツ身体学
錯覚のスポーツ身体学

 ストロークを早くする、というのは多くの選手が抱えているテーマの1つだと思います。

 自分もこれまで何回か、「いかにスマッシュを早くするか」という視点から、文章を書いたことがあります。そのポイントはいかに多くの筋肉を使うか、いかに力を逃がさないかだったような気がします。

 言い換えれば、スマッシュは全身の力をしっかり使って打つと鋭い球が打てるというのが、結論になりました。

 しかし、この打法はそのまま他のストロークに応用できません。例えばクリアを同じ打ち方でとらえたなら、思い切りアウトになることは確実です。カットはアウトにこそならないかもしれませんが、長い軌道になります。同様に、ドライブ、クロスネット、ロブなどのストロークも、多分いい結果にはならないでしょう。

 しかし、トップ選手のストロークはいずれも早いのです。この差はなんだろうと考えて、模索したいくつかの結果にたどり着きました。

 一言でいえば、問題はラケットの加速度です。スマッシュとヘアピン以外のストロークは、打つ瞬間にラケットを急激に加速することで鋭い軌道になります。

 例えばクリアでいうと、途中まではアウトになるような早いスピードで飛んでいき、最後に急激に落ちるようになります。最後に減速することで、アウトにならないわけですね。

 どうしてこういう軌道になるか科学的に説明はできないのですけど、感覚的には力を乗せるというよりは、弾く感じで打つので普通に打つよりエネルギーが伝わらないのかなと思います。

 こうした加速度の高い打ち方のポイントは、弾く感じで打つ、コンパクトに振るという感じですかね。あとは手首を使うこととか。うまくいくと、強いインパクト音と衝撃が来る気がします。

 カットやクロスヘアピン、ドライブの場合は、打つ瞬間に握る力を強くする感じです。クロスヘアピンは厳密には少し詰まらせる感じで打つと早いと個人的には思います。かなり繊細な感覚ですが。

 いい発見をしたなあと今まで思っていたんですが、同じことを紹介している記事がありました。バドコーチさんのインパクトの質を感じてほしい・・・です。
 かなりわかりやすい言葉で書かれているので、お勧めです。多分言っていることは同じだと思います。

 最後に少しだけ言い訳をさせてもらいます。このインパクトの仕方は、おそらくラケットによって違います。自分はシャフトの固いラケットしか使わないようにしていますが、それでもラケットによってかなり感覚の誤差があります。

 握りこみの時間を本当に一瞬にしないと加速しないラケット、加速度が上がらないラケット、逆にすぐにヘッドが来てしまうラケット、微調整が効かないラケット……いろいろです。

 つまり、ラケットによって早いストロークの打ち方は違うのです。原理原則は同じですが、選手はラケットが要求する打ち方でスイングしないといけません。そこが少し難しいです。
 まあ、それが嫌なら自分の打ち方にあったラケットを使えばいいんですけど。個人的には、くわえこまないラケットとシャフトの軟らかいラケットが苦手で、早いクリアを打てません。

 そういう点を踏まえて、加速度を伝えるようなスイングにチャレンジしてみれば、面白い感覚が味わえるではと思います。

 ちなみに、同じ打ち方でスマッシュを打つと少し沈むような軌道になりますよ。

スポンサーサイト
プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
01 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。