スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直線と曲線

Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 10月号 [雑誌]
Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 10月号 [雑誌]

<更新情報>

 何か月かぶりに、バドミントン・メモを更新しました。テーマは「カット」です。

 動画やリンクをほとんど調べずに書いたので、かなり見づらいですが、今後、余裕があれば修正するつもりです。

<動画紹介>

 ・ヨネックスジャパンオープンの動画がTV2ne1さんののチャンネルでいくつか見ることができます。
 角度に癖がありますが、画質については文句なしにきれいだと思います。

 あとは、信陽食品クラブさんお得意のフェイント動画です。インドネシア人のフェイントらしいですが、確かにちょっと癖がある印象です。

 

 <適当な考察>

 ・直線と曲線

 いきなりですが、フットワークというのは直線的な動きが一番早いのではないかと思います。打点から打点にまっすぐ動ければ、最短距離で済みますから、ステップ数も最少ですし、何より時間がかかりません。だから、1番早いフットワークは常に直線で進む動きなのかなと感じます。

 でも、当然のことながら、相手はこちらの足を止めたり、動きづらいところを狙ったりしてくるので、そういうフットワークができるのはまれです。そして、足が合わないところというか、動きづらいところに、強引に直線で行こうとするとかえって遅くなります。

 そういう時はどうやって動くのかというと、いろいろ方法はありますが、とりあえず足を動かすというのが主流です。

 例えば右斜め前に動きたいが、縦に動きづらい場合。そういう場合、最初は無理をせず横に動くイメージでステップを踏みます。そして2歩目で、縦に動きます。
 これは横に動きづらい場合にも言えます。この場合、まずは一歩目をずらして縦に出してクロスステップで横に動きます。そうすれば結局は斜めに動いたことになります。

 これはバドミントン情報局さんが「2段階右折」と呼んでいた方法ですね。二回曲がって、斜めに進むやり方です。この2段階右折はトップ選手もよくやっていて、特に4隅に動くときに使うことがあります。

 とはいえ、2段階右折を含む直線的でない動きはやはり遅いですし、距離も稼げません。ですが、動きづらいところに動けます。つまり、次善の策としては有効なわけです。

 こう考えていくと、バドミントンのフットワークは直線と曲線の融合なのだと思います。どちらかが良くても、合理的なフットワークにはならない。だから、この2つの使い分けがフットワークの1つのテーマになるのではと思います。

佐々木選手の肘の使い方

 今月のバドミントン・マガジンで佐々木選手がストロークにおける肘の使い方について、語っていました。その基本的な考え方は「テークバックから、インパクトまで肘を先行させる」というものでした。フェイント効果が高いからだそうです。

 それはそうだろうと、少し思いましたが、そのあとの「肘を出してから、肩甲骨を上げるイメージ」と書いていたのがすごく印象に残りました。やってみると、感覚とイメージが全然一致しませんでした。

 今まで、肘を先行させても鋭く振れませんでしたが、今回はうまくいきました。腑に落ちたという感じです。

 本当に佐々木選手は体の勉強をしていますね。こういう言葉がすっと出るのは、素直にすごいと思います。

 ・ランニングステップをいかに使うか。

 これが最近のテーマです。今までは「これからは、サイドステップの時代」と豪語して、サイドステップを中心に指導をしていましたが、実際のところサイドステップには窮屈な面がいくつかあります。

 距離が稼ぎにくい、足のスタンスが合わないとと難しい、ターン動作を要求するといった具合です。今でも、基本にあるのはサイドステップに違いないのですけど、先の話と同じで、やはり状況に合わない場合は結構あります。

 スマッシュを打った後、カットを打った後、姿勢が合わない場合、体から遠くに来た場合などです。そういう場合、クロスステップもいいですが、ランニングステップをきれいに使えるとスムーズに動ける気がします。

 と、考えたときにやはりいかに使い分けられるのか、いかにステップを合わせるかが勝負になるのではないでしょうか。結局、万能な動きなんてないということなんでしょうね。

 ちなみに、自分が一番ランニングステップがうまいと思う選手は、ひいき目もありますが、中国のワン・シーシャンです。特に前に動くときは、微調整ではサイドステップ、遠く動くときはランニングステップという感じで、それが一番顕著な選手です。でも、守備範囲は広いですよ。

 下が動画です。興味があれば、研究してみればいいでしょう。





スポンサーサイト
プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。