スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体の使い方いろいろ

 最近は卒業研究などで忙しいので更新の頻度が減っていますが、何とか時間を見つけて週に何回かは更新できるように頑張ります。

 さて、本題。今回は身体の使い方に関することについて、少し書きます。


 最近までなぜか疑問に思っていたのですが、今まで自分はフォア側にサイドステップをすると無意識に身体が下がる癖がありました。
 スマッシュに腰を引いているんだろうと考えていましたが、昨日まっすぐサイドステップする練習をしてみるとやっぱり下がっていきました。

 そこで目をつぶってまっすぐサイドステップをする実験をしてみると、さらに後ろに行ってしまうことがわかりました。

 その後、色々試したんですけど、結論としてはどうも骨盤がゆがんでいるみたいなんですよね。多分自然に右腰が引けている感じです。

 ものすごくショックでしたが、逆に新鮮でもありました。確かにこれなら、右へのサイドステップで勝手に下がっていくはずです。
 また、なぜかフォア前のカットが取れないなあと思っていましたが、骨盤がゆがんでいれば腰のひねりが確かに足りなくなりますよね。

 何がいいたいかというと、骨盤がゆがんでいたら、いくらまっすぐステップしても勝手に斜めに進むということです。ゆがみ方によっては、後ろに下がりにくかったり、逆に動きにくいという弊害があるかもしれませんね。

 興味がある人は自分の骨盤がどうなっているのか確かめてみるといいでしょう。身体のゆがみがプレーのゆがみにつながっているかもしれませんよ。

 ついでに左右のゆがみということでいうと、最近は肩の柔軟性や片足立ちのバランスなんかも崩れている気がします。筋力差ばかりに目をやっていましたが、そうしたゆがみもあるんだと勉強になりました。徐々に直していきます。


 あとはシングルスの構えの話です。プレーにもよりますが、シングルスはとにかく全方向に足を動かさないといけないですよね。

 そこでどういう立ち方をしたら、一番動きやすいかということを研究してたのですが、結論だけで言うと体幹で立つ感じが一番良かったです。

 意味不明だと思うので補足すると、立つ上で大事なことはどうやって身体を支えるかだと思うんですね。しかも最小限の力で、です。

 まず、足に力を入れると、足が緊張して動き出しが悪くなります。これは最悪です。なら、上半身を中心に立てばいいのかというと、これは身体が浮いて棒立ちになりやすいです。

 そこで色々試していくと、背中の奥くらい(腸腰筋が一番近いはず)に力を入れると一番動きやすかったです。理論的には、体幹で上半身の重さを支えられるので、下半身の負担が減らせるという感じなんでしょうか。

 言い方を変えれば、上半身を固めて重りみたいに使っていると足の負担が増えますが、上半身は上半身の筋肉や骨で支えられれば、足は動きやすくなるはずです。

 でも、これは仮説なので、正解は分かりませんし、全員に当てはまるかも分かりません。ですから、どういう風に立てば一番最小限の力で動き出せるか、感じてみるといいかと思います。

 こういう立ち方とか構えのスタンスは自分の調子によって変わりやすいので、いいときのものは記憶しておくと便利でしょうね。

 今回はバドミントンというより、武術の話に近い話になりましたが、実際こういう細かいところで自分は苦しんできた経験があるので、参考になればと思います。

「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド
「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド
スポンサーサイト
プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。