スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイングスピードとインパクト

 スイングスピードについて、ちょっと気になったことを。やはりオーバーヘッドの話が前提です。

 テニスの雑誌や記事を読んでいて知ったのですが、ボールとラケットのインパクトの瞬間に、握りこみやプロネーションを入れてラケットを加速させるという考え方は正しくないそうです。

 なぜかというと、まず、ボールとラケットが接触するインパクトの時間は、4/1000秒くらいで、人間がインパクトの瞬間を認識するのは不可能なのだそうです。
 それがバドミントンでも似たようなものなら、握りこみをインパクトと同時に行うのはかなり難しいでしょうね。そもそも認識できないわけですから。

 次に、ラケットは力を入れてすぐにマックススピードにはならず、すこしたってから最大の速さになるそうです。つまり、インパクトと同時に握りこんでも、インパクトのときに最大の速さは得られない、ということになります。

 まとめると力を入れるのはインパクトと同時ではなく、少し前のどこかで力を入れるということになります。そうすると、インパクトのときにスイングスピードが最大になるはずです。

 ただ、こちらのブログでは、これもテニス関係ですが、スイングの後にマックススピードになるように振るほうが、インパクトのときに加速した状態になるのでいい、という記述があります。

 スイングスピードより、スイングの加速度が大事という示唆ですね。そうするには前者よりもちょっとタイミングを遅らせるイメージになりますね。
 あとはスイングの中で緩急をつけて、一気に加速させるイメージが大事でしょう。
 
 どちらが正しいかは分かりませんが、結局のところ、力の入れるタイミングを変えながら、どこで力を入れれば一番早い球が打てるのか確かめていくしかないでしょうね。

 自分なんかは明らかに打点のかなり下で、スイングスピードがマックスになっていました。そうならないためにも、意識的にスイングスピードの早いところを、打点に近づける努力が要るんでしょうね。

 難しそうで簡単な記事になりましたが、これはドライブやレシーブにも応用できそうなので、個人的には面白い考え方だと思いました。

 今日はここまでです。

ラケットはふるな力点を動かせ―ストロークの教科書
ラケットはふるな力点を動かせ―ストロークの教科書
スポンサーサイト
プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。