スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンオープンの感想

 ヨネックスジャパンオープンが終わりました。
 自分は準決勝のリー・チョンウェイvsピータゲード、決勝戦のリー・チョンウェイvsチェン・ロンを見ることが出来ました。
 それで、感想を簡単に書こうと思います。

 といっても、試合全体ではなく単純にどうしたら点が取れるのか、というテーマで観察していたので、特に全体の感想はないです。せいぜい、チェン・ロンがスピードがあって、攻守にバランスが良くなってきたというくらいです。

 それでも、参考にはなるかもしれないので簡単にまとめます。

 ・自分から攻めて点を取る方法

 正直に感じたことですが、バドミントンの得点方法の大部分はエースではなく、相手のミスです。ミス待ちは良くないといいますが、これも事実の一つに違いないと思います。
 
 つまり、積極的にエースを取りに行かなくても、確実に隅に球を回したり、フェイントやスピードを使ってプレッシャーをかけ続ければある程度点は取れるのでは、という気がします。

 リー・チョンウェイも基本的には無理をせずに回して、チャンスが来たらふっとスピードを上げてという感じでした。強引な攻めは少ないですね。
 もちろん、こうした戦術は守備がないと出来ないことです。相手のプレッシャーを避け続けなくてはいけないですから。社会人になるとこういう選手は多いですね。

 守備に関していうと、誤解を恐れずに書けば、たぶん上げたら負けという時代は終わったんだと思います。この前は強調して書きましたが、ハイクリアやアンダークリアハンドもめずらくないです。

 今の国際試合では、コートの深いところに下がって打った場合、一球で決めれる選手は少ないです。つまり、戦術的にネット前で無理に勝負するよりは、深く上げたほうがいい場合も確かに有ります。それくらい守備の向上はめまぐるしいです。

 逆に、リスクを考えるとドリブンクリアとアタックロブはかなり精度が求められています。これをインターセプトされると、さすがにトップ選手でも取れません。もちろん使わずに勝つのは無理なので、いかに途中で止められないかは重要です。

 しかも、チェン・ロンなんかは、少し高めのクリアでさえ飛びつくので、今はハイクリアの価値が高い時代なのかもしれません。まあ、配球は上げるだけじゃないですけども。

 あとは2球目が大事です。相手を崩す球を打った後、次にどれくらい早くつめて決めにいけるか、あるいはしのげるか、ここが勝負の分かれ目です。リーなんかは、50cmも内側に入れば、スマッシュも返していました。

 言い換えれば、攻撃側の制度の要求もかなり高いわけです。フェイントが利いていて、スピードがあって、タッチが早くて、やっとエースですからね。場合によっては角度も必要ですし、甘い球をしとめる判断力も要ります。

 つまりは、狙って点を取るのがこんなに難しいのか、というほど守備力が上がっていたというのがこの大会の印象です。だからか知りませんが、リー選手はかなり強引にプッシュをしていましたね。

 感想は以上ですが、自分たちのような選手が参考になる部分は、やはりいかに2球目をしとめられるか、あるいはいかに甘い球を早くインターセプトできるかでしょう。こうした攻撃中に、上に書いた条件の一つ二つ満たしていれば、大体は点になるんじゃないでしょうか。
 練習でもこの二つプラス判断力の養成が大事です。

 あとは、高校生の試合なんかでは上げたくないというオーラが出ていますから、レシーブ力で差があるような気はします。自分たちがハイクリアを連発しても、大して意味はないでしょう。

 ・最後の一点

 試合は見てないんですが、女子ダブルスがマッチポイントを握ってから逆転されたという話を聞きました。
 最近は日本人選手がマッチポイントから逆転されるという話を毎回のように聞いている気がします。

 舛田コーチはメンタルといっていましたが、確かに技術的に下手ならマッチポイントは取れないですから、確かにメンタルなんでしょう。

 少なくとも下のような要素があります。

 1、勝てるというプレッシャー
 2、相手は後がない為全力のスピードで、かつミスを減らしてくる。
 3、攻めすぎ。単調になる。
 4、守りすぎ。弱気になる。
 5、相手がギャンブルできる。

 自分の経験でも、追い込まれているほうが心理的には楽です。これを見る限り、いかに冷静でいるか、という点に尽きるんでしょうが、難しい。

 しかし、日本人の選手がマッチポイントから逆転というシーンが多いのは、システムに関係があるのか、今の練習方法に問題があるのか。

 昔の女子選手なんかは、国際的にも強かったみたいですし、そうした人たちの練習から学ぶこともあるのかもしれません。

 感想は以上です。

 一応YJOの見つけた動画を参考までに、リンクしておきます

2011 Japan Open MSQF Lin Dan vs Chen Jin
2011 Japan Open MDR1 Chai / Guo vs Hashimoto / Hirata

BabolaT(バボラ)【X‐FEEL ESSENTIAL(エックスフィール・エッセンシャル)】バドミントンラケット 4U5
BabolaT(バボラ)【X‐FEEL ESSENTIAL(エックスフィール・エッセンシャル)】バドミントンラケット 4U5
スポンサーサイト
プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
09 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。