スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロークと軌道

かもめ高校バドミントン部の混乱 (メディアワークス文庫)
かもめ高校バドミントン部の混乱 (メディアワークス文庫)

 ・ぐるぐるパンチさんのイメージに近づける

 ストロークの練習の際は、ただ正確な軌道で打つだけではなく『シャトルをとんなスピードでどんな軌道で飛ばすかまでイメージしてから打つ』ということ、また、グリップや打点、スイングスピードをいろいろ試して練習するのがいいということが話の核心でした。

 現在、自分もカットをより正確に打てるように練習しているので、納得するところの多かった記事です。自分のイメージでは、インパクトの強さ、回転量、角度の3つを意識して打っていましたが、まだまだ試すところがありそうです。先は長いですね。

 さらにいうと、同じカットでも相手のロブの軌道によって打ち方を調整する必要があります。シャトルは低いのか高いのか、センターよりなのかライン際なのか、クロスから飛んできているのか、ストレートから飛んできているのか、甘い球なのか深い球なのか。
 ……それによって切り方とスイングスピードなどに変化をつけないと正確なコントロールはできません。

 個人的な感覚では、スマッシュとクリアといった叩くストロークはそこまで繊細ではないのですが、ヘアピン、スマッシュレシーブ、カットといった勢いを殺す球は、こういった微調整が必要です。逆に言うと、少し軌道をずらせば、相手の得意なストロークを打たせないこともできます。

 しばらくは打点や切り方を調整しながら練習しますが、果たしてこういった状況別の対処をしらみつぶしに練習していけばいいのかは難しいところです。
 少なくとも、試合であり得る軌道への対処はしておく必要があると思います。

・片山卓哉さんのトレーニング方法

 トレーニングについていくつかの視点から書いた記事ですが、本論はいかにトレーニングについて情報の取捨選択をするべきか、またどういう意識でトレーニングについて臨むべきかというところです。確かに現代はトレーニングについての情報があふれすぎていますから、選択は重要だと感じます。

 実際にトレーニングには、スタミナトレーニング、ウェイトトレーニング、自重トレーニング、バランストレーニング、柔軟性トレーニング、スピードトレーニング……と多くの種類があります。あるいはほかにも最新のトレーニングもあります。
 それをすべてやれば、上手くなるのか? と考えるとやはり無駄が多いのは事実でしょう。というか練習がそこで終わってしまいます。つまり、体力的、時間的な制約からそうしたことは不可能です。

 ではどうするのがベストか? という疑問が当然出てきます。個人的にはいくつかの方法を考えています。

 まず1つ目は、できるだけオンコートで、あるいはバドミントンの中でトレーニングを行うことです。例えば体力トレーニングを、ダッシュ、ランニングで行う代わりに、スタミナ系の長時間のノックを入れるとかですね。バランスやスピードといった要素も、意識によってバドミントン上で養えます。

 もちろん、独立してトレーニングするメリットもいくつかあるのも確かです。目的に意識を向けやすいとか、体の使い方の改善という部分ですね。そこは優先順位と効率、時期を考えて調整するしかありません。

 2つ目はトレーニング全体の中で目的をはっきりさせることです。言い換えれば、どういうバドミントンがしたくて、このトレーニングがあるのかという位置づけを作ることです。やりたいこと、効果のありそうなことを足しすぎると、全体の統一性がなくなるので、目的以外は切り捨てるつもりのほうがいい気がします。
 あるいは優先順位の中で課題をはっきりさせることですね。とにかく、理由をあいまいにしたトレーニングは時間をとりすぎるだけで効果が薄い気がします。

 と、ここまで書いてきたわけですが、これは現在の自分の課題でもあります。今行っているトレーニングを通してやるとほぼ1時間かかりますが、その割に効果が実感しにくくなっています。これは多分、刺激が少ないのと、全体像が見えていないからかなと思います。

 もっと目的をしぼって、個々のトレーニングを統合しながら特化したほうが成果は上がると感じるので、もう少し考えていきたいです。

 ここでは説明しませんが、片山さんの他の記事のリンクも張っておきます。読んでいて視点が面白いのですが、試していないので何も言えないので紹介にとどめておきます。

レシーブの練習 ~壁打ち動画~


<個人的な意見>

 ・戦術とストローク

 上にトレーニングは統合すべきだという意見を書きましたが、これはバドミントンの練習でも同様だと感じます。具体的に言えば、すべての練習は戦術ベースでないといけないというのが自分の考えです。

 自分のバドミントンの基本は簡単で、パワーがなくとも相手にプレッシャ―をかけ続ければ、相手が先にミスをするというものです。そのためのキーワードは下の3つです。

 早く:ひたすらタッチを早くして、相手にスピードのプレッシャーをかける。(ダブルスのみ)
    シングルスの場合は、瞬間的な加速でカウンターを狙う。常にスピードは出さない。

 変化をつけて:同じスイングから違う軌道を作ったり、同じ状況から違う球を出す。

 ミスをしない:少しでも追い込まれたらつなぐ、スピードを落としてもミスはしない。

 これが成功すれば、どんな相手でもそこそこ戦える自信があるのですが、1つでもかけると全然うまくいきません。プレッシャーをかけるには3つがそろわないと意味がないのですね。ただ速いだけ、ただ変化する、ただミスしないだけのストロークは自分の文脈ではほとんど生きてきません。

 以前、この基本の組み合わせを忘れて試合をした時があったのですが、ほとんど勝負にならなかったです。自分には決定打があるわけではないですから、上手くいかなかったです。

 いまさらですが、それを考えると、ノーロブで勝つという戦術は理解が浅いですね。上げないだけでは、プレッシャーにはなりません。多分、もう2つくらい独自の要素を付け足さないと、勝てないでしょうね。

 例えば、それは自分の場合はそれをストロークの「変化」やタッチの「速度」に求めましたが、後輩はどうするんでしょうね。サーブからの展開をよくする、ドライブ戦、ネット戦を極めるとか、あるいはトリッキーさに活路を見るのか。ローテーションとか、大きな展開のうまさでもいいですかね。

 その答えは聞いていないのですが、現在の「ただのノーロブ」から脱却しないといけないという危機感はあります。そうなると要求される練習も変わりますから、またやり直しですね。

 このように自分は戦術の基本的なコンセプトをいくつか出して、それをベースにして練習を組み立てるということが好きです。個人的にはそれが練習を実戦に近づける手段としては有効だと思います。

 それが基本にあるので、要素を抽出しただけの練習というのは自分はあまりしません。戦術の遂行に必要ならやりますが、効果がありそうというだけの練習をする余裕はないです。

 だから自分の立場からすれば、戦術の組み合わせとその要求に沿っているか、という大きな軸があってそこに練習を合わせるようにしています。効率と試合の中での強さの獲得という点では、そこそこ満足しています。

 逆にできる限り避けたいのが、特徴のない選手、あるいは軸が1つしかない選手を育てることです。すべてのストロークが平均的とか、早いだけで他に何もないという選手ばかりいる高校を見たことがありますが、やはり隙が大きいと感じました。やはり何か武器があって、しかもそれが2つ3つあるというのが最近の理想です。
 そういう選手が個人的には相手にしづらいので、今後の練習はそういう方向で統合したいなあと思っています。

スポンサーサイト

片山卓哉さんの講習会動画など

DVD付 フェルデンクライス・メソッドWALKING 簡単な動きをとおした神経回路のチューニング
DVD付 フェルデンクライス・メソッドWALKING 簡単な動きをとおした神経回路のチューニング

 今回は特にネタがないので、記事の紹介や動画の紹介にとどめます。

<動画紹介>

 まずは、ティーネ・バウン選手のストローク動画です。



 動画ではクロスネットですね。音を聞いていると、運ぶという打ち方ではなくて明確に打っているイメージです。音が強いですし。

 あとは狙っているところ(多分羽が刺さっているところ)が面白いですね。コートの中央ではなくて、少し奥です。相手にカットされないためでしょうか。

 関連動画は下。

 スピンネット
 コーチによるクロスネット
 クリアー

 次は信陽食品クラブさんの動画です。

 

 片山卓哉さん(元全日本チャンピオン)の講習会ということですが、面白いです。体の柔軟性とレシーブの関係を論じた人を初めて見ました。どちらかというと体の使い方の説明が多く、個人的には好きな説明でした。

 おそらくこの講習会の内容は本人のブログから確認できます。専門的で読むのがつらい部分もありますが、身体運用に興味がある人にとっては貴重です。

その他の信陽食品クラブさんの動画は以下で。

インドネシア人のカットから学ぶ

 あとは適当な試合を紹介します。

岐阜国体の試合
ヨネックス・ドリームマッチ
ヨネックスドリームマッチ福岡 その1
ヨネックスドリームマッチ福岡 その2

<記事紹介>

・バド鍋さんのフェイントに引っかからないレシーブのコツ

 フェイントに引っかからないためには、目線やラケットといった工夫しやすい場所ではなく、肩や腰、足首の位置など工夫しづらい場所を見るといいという話でした。

 多分、逆にフェイントを極めるのならそういう細かい部分まで、気を配れるということなんでしょう。


・ぐるぐるパンチさんのフットワークと言うけれど…

 フットワークは足の動きから始まるのではなくて、まず上体の動きから始まってそこから動き出すのが正しいという話です。内容はわかりますが、本当の意味で理解するのが難しい文章でした。でも、だからこそ面白いです。

 個人的にも、骨盤の向きによって動きを変えたり、意識を体幹に置いたりすることはありますが、厳密な意味で上体からスタートするのは苦手です。特に前への動きがよくわかりませんね。

 ただ、何人か同じことを仰る指導者を知っているので、上体が動き出しに大きな影響を与えているというのは真実なんでしょう。しかし、自分が理解できるのは腰までですから、まだ研究が必要だなと思います。

・まさやんさんのピンサーを使おう

 ピンサーの有効性と、その技術的なポイントについてです。有効性については知っていましたが、あまりテイクバック動作に意識を置いたことはなかったですね。ロングサービスとは多分同じになっていると思いますが、できれば修正したいです。

直線と曲線

Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 10月号 [雑誌]
Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 10月号 [雑誌]

<更新情報>

 何か月かぶりに、バドミントン・メモを更新しました。テーマは「カット」です。

 動画やリンクをほとんど調べずに書いたので、かなり見づらいですが、今後、余裕があれば修正するつもりです。

<動画紹介>

 ・ヨネックスジャパンオープンの動画がTV2ne1さんののチャンネルでいくつか見ることができます。
 角度に癖がありますが、画質については文句なしにきれいだと思います。

 あとは、信陽食品クラブさんお得意のフェイント動画です。インドネシア人のフェイントらしいですが、確かにちょっと癖がある印象です。

 

 <適当な考察>

 ・直線と曲線

 いきなりですが、フットワークというのは直線的な動きが一番早いのではないかと思います。打点から打点にまっすぐ動ければ、最短距離で済みますから、ステップ数も最少ですし、何より時間がかかりません。だから、1番早いフットワークは常に直線で進む動きなのかなと感じます。

 でも、当然のことながら、相手はこちらの足を止めたり、動きづらいところを狙ったりしてくるので、そういうフットワークができるのはまれです。そして、足が合わないところというか、動きづらいところに、強引に直線で行こうとするとかえって遅くなります。

 そういう時はどうやって動くのかというと、いろいろ方法はありますが、とりあえず足を動かすというのが主流です。

 例えば右斜め前に動きたいが、縦に動きづらい場合。そういう場合、最初は無理をせず横に動くイメージでステップを踏みます。そして2歩目で、縦に動きます。
 これは横に動きづらい場合にも言えます。この場合、まずは一歩目をずらして縦に出してクロスステップで横に動きます。そうすれば結局は斜めに動いたことになります。

 これはバドミントン情報局さんが「2段階右折」と呼んでいた方法ですね。二回曲がって、斜めに進むやり方です。この2段階右折はトップ選手もよくやっていて、特に4隅に動くときに使うことがあります。

 とはいえ、2段階右折を含む直線的でない動きはやはり遅いですし、距離も稼げません。ですが、動きづらいところに動けます。つまり、次善の策としては有効なわけです。

 こう考えていくと、バドミントンのフットワークは直線と曲線の融合なのだと思います。どちらかが良くても、合理的なフットワークにはならない。だから、この2つの使い分けがフットワークの1つのテーマになるのではと思います。

佐々木選手の肘の使い方

 今月のバドミントン・マガジンで佐々木選手がストロークにおける肘の使い方について、語っていました。その基本的な考え方は「テークバックから、インパクトまで肘を先行させる」というものでした。フェイント効果が高いからだそうです。

 それはそうだろうと、少し思いましたが、そのあとの「肘を出してから、肩甲骨を上げるイメージ」と書いていたのがすごく印象に残りました。やってみると、感覚とイメージが全然一致しませんでした。

 今まで、肘を先行させても鋭く振れませんでしたが、今回はうまくいきました。腑に落ちたという感じです。

 本当に佐々木選手は体の勉強をしていますね。こういう言葉がすっと出るのは、素直にすごいと思います。

 ・ランニングステップをいかに使うか。

 これが最近のテーマです。今までは「これからは、サイドステップの時代」と豪語して、サイドステップを中心に指導をしていましたが、実際のところサイドステップには窮屈な面がいくつかあります。

 距離が稼ぎにくい、足のスタンスが合わないとと難しい、ターン動作を要求するといった具合です。今でも、基本にあるのはサイドステップに違いないのですけど、先の話と同じで、やはり状況に合わない場合は結構あります。

 スマッシュを打った後、カットを打った後、姿勢が合わない場合、体から遠くに来た場合などです。そういう場合、クロスステップもいいですが、ランニングステップをきれいに使えるとスムーズに動ける気がします。

 と、考えたときにやはりいかに使い分けられるのか、いかにステップを合わせるかが勝負になるのではないでしょうか。結局、万能な動きなんてないということなんでしょうね。

 ちなみに、自分が一番ランニングステップがうまいと思う選手は、ひいき目もありますが、中国のワン・シーシャンです。特に前に動くときは、微調整ではサイドステップ、遠く動くときはランニングステップという感じで、それが一番顕著な選手です。でも、守備範囲は広いですよ。

 下が動画です。興味があれば、研究してみればいいでしょう。





選択肢を絞る

<動画紹介>

 CHRISさんの翻訳した中国のバドミントンレッスンの動画が挙がっていたので、その一つを紹介します。

<バックハンドクリア>



 他にも、多くの動画を翻訳されているのでチャンネルを参照してみるといいのでは、と思います。

 次は信陽食品クラブさんのフェイントプッシュです。

 

 打つ瞬間に面を変えてプッシュを打っているのかなと思います。この技術は、ダブルスだと瞬間的に使うことがよくあります。

 あとは、日本選手権の女子ダブルスのスロー動画です。かなり長いラリーなので攻め方の参考になるでしょうね。



 最後に、日本選手権に関連した試合の動画のリンクだけ紹介します。

 田児vs桃田 (男子シングルス)
 末綱 前田 vs 久後 横山(女子ダブルス)
 広瀬vs関谷(女子シングルス)
 池田 潮田 vs 堂本 藤原(ミックスダブルス)
 三木 米元 vs髙橋 松友(女子ダブルス)

奥原選手についてはバドトラさんがまとめているのでそちらを参照してください。

<更新情報>

バドミントンぶっこみ情報バド鍋さんのレシーブ対策の意外な盲点

 レシーブの際に全ての球に備えようとすると中途半端な守りになってしまいます。そうなるくらいなら、確率が高そうなストロークを絞り2択くらいで考えると処理しやすいというような内容でした。
 
 考えるのが大変なら単純化しよう、という考え方ですね。

 例えば、ダブルスの試合中、相手がネット前の高い位置でシャトルを取ったときには、落下までの時間が早いプッシュかヘアピン待ちますよね。確率的にもロブやドライブは来る可能性が低いです。

 あとは相手の体勢や癖、性格なんかを踏まえて考えていくと、確かに配球の選択肢は実際のところかなり絞っても問題ないでしょう。特にダブルスなら、パートナーもいますしね。

 それなら逆に、自分の配球は単純化されないように複雑にしていけばいいのかというと、それはやはり負担がかかるので3、4のパターンがあれば十分かなと感じます。途中で、意識的に素直に返せないラリーを作っておけば、相手は思い切りよくこれません。
 
 単純化することにはリスクもありますが、複雑にすることを意識すると分かりづらくなりやすいので、バランスを取りながら使い分けていったほうがいいでしょうね。


・会長さんの『ネット前からハーフ球を誘い、カウンターを狙う(その4)』

 
 ハーフとかネットの細かい展開の話。あまり知らなかった話なのでコメントできませんが、センターの使い方など面白い視差があったので紹介します。

本番に強い脳と心のつくり方 (PHP新書 673)
本番に強い脳と心のつくり方 (PHP新書 673)

身体の使い方いろいろ

 最近は卒業研究などで忙しいので更新の頻度が減っていますが、何とか時間を見つけて週に何回かは更新できるように頑張ります。

 さて、本題。今回は身体の使い方に関することについて、少し書きます。


 最近までなぜか疑問に思っていたのですが、今まで自分はフォア側にサイドステップをすると無意識に身体が下がる癖がありました。
 スマッシュに腰を引いているんだろうと考えていましたが、昨日まっすぐサイドステップする練習をしてみるとやっぱり下がっていきました。

 そこで目をつぶってまっすぐサイドステップをする実験をしてみると、さらに後ろに行ってしまうことがわかりました。

 その後、色々試したんですけど、結論としてはどうも骨盤がゆがんでいるみたいなんですよね。多分自然に右腰が引けている感じです。

 ものすごくショックでしたが、逆に新鮮でもありました。確かにこれなら、右へのサイドステップで勝手に下がっていくはずです。
 また、なぜかフォア前のカットが取れないなあと思っていましたが、骨盤がゆがんでいれば腰のひねりが確かに足りなくなりますよね。

 何がいいたいかというと、骨盤がゆがんでいたら、いくらまっすぐステップしても勝手に斜めに進むということです。ゆがみ方によっては、後ろに下がりにくかったり、逆に動きにくいという弊害があるかもしれませんね。

 興味がある人は自分の骨盤がどうなっているのか確かめてみるといいでしょう。身体のゆがみがプレーのゆがみにつながっているかもしれませんよ。

 ついでに左右のゆがみということでいうと、最近は肩の柔軟性や片足立ちのバランスなんかも崩れている気がします。筋力差ばかりに目をやっていましたが、そうしたゆがみもあるんだと勉強になりました。徐々に直していきます。


 あとはシングルスの構えの話です。プレーにもよりますが、シングルスはとにかく全方向に足を動かさないといけないですよね。

 そこでどういう立ち方をしたら、一番動きやすいかということを研究してたのですが、結論だけで言うと体幹で立つ感じが一番良かったです。

 意味不明だと思うので補足すると、立つ上で大事なことはどうやって身体を支えるかだと思うんですね。しかも最小限の力で、です。

 まず、足に力を入れると、足が緊張して動き出しが悪くなります。これは最悪です。なら、上半身を中心に立てばいいのかというと、これは身体が浮いて棒立ちになりやすいです。

 そこで色々試していくと、背中の奥くらい(腸腰筋が一番近いはず)に力を入れると一番動きやすかったです。理論的には、体幹で上半身の重さを支えられるので、下半身の負担が減らせるという感じなんでしょうか。

 言い方を変えれば、上半身を固めて重りみたいに使っていると足の負担が増えますが、上半身は上半身の筋肉や骨で支えられれば、足は動きやすくなるはずです。

 でも、これは仮説なので、正解は分かりませんし、全員に当てはまるかも分かりません。ですから、どういう風に立てば一番最小限の力で動き出せるか、感じてみるといいかと思います。

 こういう立ち方とか構えのスタンスは自分の調子によって変わりやすいので、いいときのものは記憶しておくと便利でしょうね。

 今回はバドミントンというより、武術の話に近い話になりましたが、実際こういう細かいところで自分は苦しんできた経験があるので、参考になればと思います。

「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド
「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド
プロフィール

でぃあ

Author:でぃあ
バドミントンが好きな学生です。今は社会人のチームで活動中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
PR
フリーエリア
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
トレーニング用品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。